やめられない!スマホ依存症の6つの治し方とは?

近年のスマートフォンの爆発的な普及により、スマホ依存症という言葉をよく耳にするようになりました。

スマホは言わずと知れた非常に便利な道具で、最近はスマホアプリもどんどん増え続け、SNS、ゲーム、YouTubeなどが特に人気のアプリです。

しかし、便利すぎるがゆえにスマホには強い中毒性があります。

スマホ依存症は日常生活にいろいろな悪影響を及ぼします。

また、一度スマホ依存症になってしまうと、なかなか抜け出せません。

今回は、スマホ依存症を脱するための6つの具体的な方法を紹介していきます。スマホ依存にお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

 

一度使うごとに電源を切る

やり方は簡単で、ひと通りスマホを使い終わったら一度電源を切ります。これだけです。そうすると、特に理由もなくスマホを使いたくなった時に電源が落ちているので、「つけるまでもないか。」と思いとどまることが出来ます。さらに、スマホの電源を落とすと、キャッシュがクリアされて、より快適に使えるといった利点もあり、スマホ依存症を脱したい人には、簡単で効果的な方法です。

 

アプリの通知をOFFにする 

スマホの使用を控えよう!と思ってはいても、ロック画面にLINEやTwitterのメッセージ通知が表示されていたら、ついついアプリを開いてしまいますよね?

アプリの通知をONにしていると、スマホからアプリの世界に引き込もうとダイレクトに誘惑されてしまいます。これは人間の心理ですので、アプリ通知という誘惑に勝つことは諦めましょう。

この誘惑を断ち切るためには、通知をOFFにするのが一番手っ取り早いです。LINEやTwitterなど、たいていのスマホアプリは、通知をOFFにする機能が付いています。また、アプリから通知が来ていないかが気になり、意味も無く画面を開いたりってこともも防げるので、ついつい気になってしまう人は通知をOFFにしてみましょう。

 

ポケットではなくカバンにしまう

外出中は、スマホをポケットに入れておくことがオススメです。

ポケットに入れていると、常にスマホの存在を確認することになり、スマホを少しでも意識してしまった瞬間には、もう手遅れです。しかし、カバンにしまっておけば、スマホへの意識が薄れるので、意味もなくにスマホを取り出すことは無くなるでしょう。カバンから出す手間も掛かりますから。それに、ポケットから落としたり失くしたりする心配もなくなるので、まさに一石二鳥です。

 

中毒性のあるゲームアプリを削除する

これは、そもそもスマホの中毒性を減らすという方法です。

SNSアプリは連絡を取る手段でもあるので、消すのはなかなか難しいと思います。しかし、ゲームアプリであれば、人間関係上はまったく問題ありません。そもそもスマホゲームは、スマホ中毒になるような仕組みから作られています。

スマホゲームが本当に自分にとって必要なのか?このゲームに自分の大切な時間を奪われていないか?など、一度考えてみてください。少し抵抗はあるかと思いますが、思い切ってゲームアプリを消してみれば、あなたの新しい道が開けるかもしれません。

 

 

スマホの充電は1日1回

1日のスマホを充電する回数を決めておくという方法です。

スマホの充電をこまめにしていると、充電残高がまったく減らず、自分がどれだけ使っているのかを意識しなくなるので、スマホに飽きるまで無限に使用してしまいます。充電は1日1回など、1日の充電する回数を決めておくことで、充電残高の減り具合から、今日はどのくらいスマホを使用していたのかが分かるようになります。

「今日は使い過ぎてるからちょっと控えよう。」と思えるようになります。

 

日々の生活を充実させる 

 Twitterで高校生や大学生のカップルが「3ヶ月記念♡」とか「Shince12.25〜」なんてツイートよく見掛けますよね。本来はカップルの記念日なんてお互いの間でのみ確認を済ませれば良いものですよね。なのになぜ、わざわざ彼らはTwitterに公開するのでしょうか?

これは、自分の承認欲求を満たしたいからです。「私たちは、リア充です!凄いでしょ!?」

SNSでアピールすることで、いいね、リツイート、カップルを賛美するコメントから自己に重要感が与えられ、承認欲求が大いに満たされるのです。

人をSNS依存にさせる理由の一つに、自己承認欲求を満たしたいという感情があります。他人に認められたいという強い願望から、SNSの虜になってしまいます。自己承認欲求というのは、人間なら誰もが少なからず持っている欲求です。

 

しかし、本当に幸せな人は、このようにわざわざTwitterで「私は幸せです!」なんてアピールしないんですよね。それは、他者からの承認欲求を欲するまでもないくらい、今の自分の生活に満足しているからです。

このように日々の生活を充実させていれば、自己承認欲求を抑えることができ、SNSにハマりすぎないようになります。