【趣味を見つけよう】映画鑑賞を趣味にする5つのメリット

f:id:shownrao:20171015130951j:plain

あなたには、趣味がありますか?

最近は無趣味な人が結構多く、休日は特に何もせずに過ごしているという人もいます。せっかくの休日は有意義に過ごしたいですよね。そんな無趣味な人には、 映画鑑賞がおすすめです。

そこで今回の記事は、映画鑑賞を趣味にする5つのメリットを紹介します。

 

 

1.時間を忘れて楽しめる

 映画は大体90分〜120分位の作品が多いです。1日休みがあれば、3~4本観ることもできます。面白い作品に当たると感情移入してしまい、気づいたら1日中映画を観ていたなんてこともあります。映画にはそれぞれメッセージ性があり、1つ1つの作品に異なる魅力があるので、誰でも楽むことができます。

 

2.ジャンルが豊富

 邦画、洋画、アクション、恋愛、サスペンス、ホラー、アニメなど、ジャンルが豊富です。自分に合ったジャンルを選び、楽しむことができます。アクション映画にあまり興味がなかった人が、観ているうちにハマってしまい、アクション俳優に憧れて格闘技を始めたなんて人もいます。映画は、自分の新たな一面を見つけるきっかけになります。また、毎シーズン新作の映画が出てくるので、飽きることはないです。

 

 

3.観るだけだから疲れない

 身体的に疲れないというメリットもあります。スポーツなどの体を動かす趣味はどうしても疲れてしまいますし、ショッピングなどの外出も、どうしても体に疲労がたまります。仕事に疲れを持ち込んでしまっては、休日の意味がありませんよね。映画鑑賞なら、座っているだけでとくに体を動かさなくていいので、超ラクです。ゆっくりしたい休日の過ごし方としてはピッタリな趣味です。

 

 

4.映画を観て成長する

 映画から、様々な知識を得ることができます。洋画を観て、「海外の生活は、こんな感じなんだ。」と感心したり、恋愛映画を観て、「この俳優カッコいい!」と芸能人の知識も得られます。また、映画は話題にしやすいので、友達との会話に行き詰ったときなどに「そういえば、この間〇〇って映画見たんだけどさ~。」と映画の話で盛り上がることもできます。このように話題のストックも増えて、自分の知識も増えるので、映画鑑賞は、大きな自己成長につながります。

 

 

5.低コストの趣味

 映画鑑賞は、あまりお金を掛けずに楽しめるのが一番の魅力です。映画を観るには2種類の方法があり、1つは映画館で観るパターンと、DVDをレンタルして家で観るパターンです。映画館で観る場合は、大人料金で一本1500円程です。TSUTAYAで借りてくる場合は、5本で1000円程です。1週間に1本観る人でも、レンタルなら月1000円も掛からないので、映画鑑賞は非常にコスパがいい趣味だと言えます。

 

TSUTAYAのレンタルを利用する場合は、「TSUTAYAディスカス」を利用するのがオススメです。「TSUTAYAディスカス」は、CD・DVD・Blu-rayを自宅まで配送してくれるレンタルサービスです。わざわざお店へ行かなくても、スマフォやパソコンでゆっくりと選んでレンタルすることができます。また、返却期限・延滞料金がないので、返却忘れの心配もありません。

こちらから、「TSUTAYAディスカス」の1か月間無料キャンペーンに登録することができます。ぜひ。↓

ツタヤ

 

 

【ださ!】痛い人の7つの特徴

あなたの周りに、痛い人はいませんか?痛い人とは、見ているこっちが恥ずかしくなるくらいダサい人のことです。そういう人を見ると、つい「うわぁ、だっさ。」と思ってしまいませんか?
そこで今回の記事では、見ていて痛い人の7つの特徴をお伝えします。


1.いい歳なのにヤンキーぶっている
歩き方が横柄で、声や態度がやたらと大きいです。自慢げに武勇伝を語ったり、ヤンキーに憧れてタバコを吸っている人です。中学生の子供ならまだしも、社会人がヤンキーぶっていたらめちゃくちゃダサいです。このように自らの知性の無さを自慢げにアピールしている人は、見ていて痛さしか感じません。


2.現実ででネット用語を使う
「まじでワロタ!」「それは草。」「〜な件ww。」と、主に2ちゃんねるで使われているようなネット用語を現実で使う人です。オタクっぽい人でなくても、ネット用語を現実で使っている人はいます。このような人は、職場などの上下関係がある場ではあまりいないでしょうが、友達同士だと結構います。それを聞いているこっちが恥ずかしくなってきますよね。


3.過度に自信がないアピールをする
「僕は役立たずだ。」「私は何もできない。」と常にネガティブな発言をしている人です。本当にネガティブな性格なのでしょうが、あまりマイナスなことばかり言っていると周りはいちいち構うのが面倒になり、気を遣わせてしまいます。その結果、「痛い人」というレッテルを貼られてしまうのです。


4.自信過剰のナルシスト
自分が主役だと思っている人で、自分に浸っているナルシストタイプです。当事者意識が強いので、いつも自慢話をしています。また、関係ない話題に首をっつこんでは、自分の話を初めます。全く他者への配慮がなく、空気が読めません。その結果、「君に言ったつもりじゃないんだけど…。」と引かれてしまい、友人が離れていってしまいます。


5.私服がダサい
全身黒レザーや、タンクトップで筋肉アピールなど、自分の中だけでカッコいいと思っているイタい人です。ダサさに全く気づいていません。しかし、自分では抜群にカッコいいと思っています。個人のセンスの問題なのかもしれませんが、私服のこだわりがダサい人は周りにさむい印象を与えてしまいます。


6.空気が読めない
大声で下ネタを話したり、話の流れを止めたり、とにかく場の空気が読めない人です。天然な性格が原因なのですが空気が読めない人は、どうしても周りから疎ましく思われて、嫌われてしまいます。


7.ミーハー
周りに流されやすく、友達自慢をする人です。絶対に自分の意見では動かず、長いものに巻かれようとするタイプです。ミーハーな人は、自分に自信が無い人なのだそうです。自信の無さから誰かの名前を利用して自分の価値を高めているのです。ミーハーがバレバレの人は、周りに哀れな印象を与えてしまいます。

【成功者思考!】ユダヤ人の6つの考え方

 あなたは、「ユダヤ人」という人種を知っていますか?

 ユダヤ人とは、ユダヤ教を信仰している人のことです。現在では、迫害により世界各地に離散しています。ユダヤ人が有名な理由は、その優秀さにあります。全人口の約0.02%しかいないユダヤ人なのですが、なんとノーベル賞受賞者の約40%も占めているのだそうです。さらに、Google創業者の一人であるラリー・ペイジや、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、学者のアインシュタインなど、ユダヤ人の著名人は挙げたらキリがないほどいます。なぜ少数派の人種であるユダヤ人が世界に大きな影響を与えるような結果を出すことができるのでしょうか?それは、ユダヤ人が成功者の思考を持っているからです。ユダヤ人の思考には、成功者になる鍵が隠されています。

 そこで今回の記事では、ユダヤ人の7つの考え方を紹介します。

 

 

1.知識への価値観が高い

 長い間、ユダヤ人は迫害を受けてきました。この苦難に満ちた歴史的境遇から、ユダヤ人は最終的に我が身を守るのは「知識」であるという結論に到達しました。「タルムード」というユダヤ教の生活・信仰の基盤となっている律法書があります。タルムードの中には、「生きているかぎり奪われないもの、それは知識である。」という教えがあります。つまり、ユダヤ人にとって知識は何よりも大切なものなのです。彼らは知識を養うために教育に重きを置いていて、勉強熱心な人が多いです。日常的に勉強をする習慣を身につけています。また、読書家でもあり、本を読むことの価値を理解しています。ユダヤ教の中には、「もし本と服を汚したら、まず本を拭きなさい」という教えもあるほどです。

 

 

2.当たり前の常識を疑う 

 一般的に、日本人は当たり前のことに同調することが正しいと考えますが、ユダヤ人は、既成の「当たり前」を疑います。なぜなら、彼らは常識にとらわれない自由な精神を持っているからです。この自由な精神はユダヤ人にとっての権威は神だけなので、人間同士に上下関係はないという考えに由来しています。

 

 

3.両面思考

 両面思考とは、物事には必ず表と裏があるという考え方です。例えば、コップに水が半分つがれていたとき、人間には2つの感情が起こります。「もう水が半分しかない。」というネガティブな感情と「まだ半分もある。」というポジティブな感情です。物事の捉え方によって、その後の思考や行動に大きな違いが生まれます。かならずしも、ポジティブな感情を優先するべきではないです。時には、ネガティブな感情から物事を見ることも必要です。ユダヤ人は、常に物事の両面を考えています。ポジティブ思考とネガテイブ思考の両方の目線を持つことで、物事に柔軟に対応することができるのです。

 

 

 4.議論好き

 ユダヤ人は何かに疑問を持ったら、質問をして、必ず自分の納得のいくまで討論します。日本には、議論を避けようとする風潮があります。しかし、ユダヤ教にとって議論は大歓迎です。「より良くしよう」という思考法が幼少期から訓練されているからです。

 

 

5.他者を褒める

 人にとって褒められることほど幸福感を与えられることはありません。ユダヤでは、人に幸福感を与えることは、自分に幸福感を与える自分への善行だと考えられています。他人を褒めることは、一種の義務であるとすらいいます。

人を褒めることで得られる4つのメリットはこちらの記事↓

あなたは褒め上手?人を褒める4つのメリット - メンタルフィット

 

 

6.思考をやめない

 自分を取り巻く全ての環境に疑問を抱き、常に考えます。「 考えることをやめると常識に支配されてしまう」という教えから、常に何かしらに疑問を持っています。そのため、思考力がズバ抜けて高いです。

 

 

【ガリガリ必見!】太るための6つの方法

 あなたは、太りたいと思ったことはありませんか?

多くの人は太っていることにコンプレックスを感じていますが、世の中には痩せている体型がコンプレックスで、太っている体に憧れている人もいます。なかなか太れない体質の人は、「ハードゲイナー」と呼ばれています。たしかに、女の子のように細い男性はどうしても弱々しい印象を持たれてしまいます。では、体質的に太れない人は、どうすればいいのでしょうか?

 そこで今回の記事では、太るための6つの方法をお伝えします。しかし、何事もやり過ぎは良くないので、太り過ぎには注意してください。

 

 

1.一日二食にする

あえて食事の回数を減らすことによって、体が消化吸収しやすい状態になり、食べたものが脂肪になりやすくなります。体が、次にいつ食事が入ってくるか分からないため、食べた物を蓄積しようとして必要以上に食事からエネルギーを吸収します。力士は、脂肪を体に蓄えるために1日2食しか食べないことで有名です。そして、食べる量が半端ないです。 つまり、1日3食しっかり食べるよりも、1日2食をガッツリ食べたほうが太りやすくなるのです。

 

 

2.整腸薬を飲む

少食な人にオススメの方法です。整腸薬を飲むことで、消化を早めてくれます。整腸薬は、腸の機能を回復させるためのものです。食べ物は腸で消化吸収されますが、食べたものが身になるかどうかは、全てここでの吸収効率にかかってくるのです。太れない人は、たくさん食べても腸の吸収率が良くないがために、体に栄養分として吸収されません。少食なボディビルダーは、増量のために整腸薬を飲んで食欲を増やすそうです。整腸薬の中でも、「強力わかもと」という製品がおすすめです。Amazonで買えますので、是非チェックしてみてください。

 

腸内環境の改善になるので、便秘の人にもオススメです。トイレが早くなるというデメリットもあるので、考えながら飲みましょう。

 

 

3.筋トレをして食欲を増やす

筋トレをすると、「テストステロン」という男性ホルモンが増え、男性らしい骨格や筋肉を形成することができます。筋肉量が増えると基礎代謝が向上するので、その分多くのエネルギーを体が欲します。故に、食欲旺盛になります。基礎代謝が上がると余計な脂肪がつかなくなるので、より健康的に太ることができます。また、筋トレ自体はカロリーがあまり消費されないので太るにはオススメの運動です。

 

 

4.高カロリーなものを食べる

 カロリーが高いものを中心に食べるように心がけましょう。基本的に、油と砂糖が多く含まれている食品は、高カロリーです。ラーメン、ハンバーガー、揚げ物、ドーナツ、ケーキなどは特にカロリーが高いです。油分は太るには必須の食品ですが、健康のために3食全てを油分の高い食事にするのは危険ですので、適度な摂取を心がけましょう。

 

 

5.夜ふかしをする

あまりオススメできませんが、夜ふかしをすると、太ります。睡眠不足になると、体に脂肪を蓄える「インスリン」という物質が血液中に残り、それだけで脂肪が生成されるようになります。しかし、睡眠不足は健康と日常生活に害がでてきてしまうので、一応知識として知っている程度でいいと思います。

 

 

6.高カロリープロテインを飲む

体重を増やしたい人向けのプロテインがあります。「ウエイトゲイナー」という種類のプロテインです。これは、食欲が普通の人よりも少ない人や、痩せやすい体質の人向けのプロテインです。高カロリーのジュースのようなもので、一杯で900キロカロリーも摂取することができます。ちなみに成人の一日の摂取カロリーは1800~2200キロカロリーなので、半分ほども一杯のジュースで補うことができます。Amazonから買えるので、下記のURLでチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

【回避依存症】男性がなりやすい回避依存症の人の6つの特徴とは?

 あなたは、回避依存症という言葉を聞いたことがありますか?

回避依存症とは、深い人間関係になることを回避している人のことです。男性になりやすい傾向があります。

回避依存症は心の病であるため、薬や手術で簡単に治せる病ではありません。回避依存症を克服していくためには、まず自覚する必要があります。

そこで今回の記事では、回避依存症の人の6つの特徴をお伝えします。

 

 

1.支配欲求が強い

 回避依存症者は、他者を支配したいという欲求が強いです。恋愛においても、必ず自分が主導権を握ろうとします。とにかく相手よりも勝っていないと落ち着きません。ですので、恋愛依存症の人と惹かれ合うという傾向があります。恋愛依存症者は、パートナーよりも弱い立場にあることが多いので、この人だったら自分が主導権を握れると思い、好きになるのです。また、自分を追いかけてもらいたいばかりに、わざと相手に冷たく接したり、LINEの返信を遅くしたり、相手に興味の無い素振りを見せたりします。

 

 

2.支配されることを何より恐れる

 そして、人に支配されることを何よりも嫌います。これは、過去のトラウマが原因であることが多いです。特に、子供の頃に親から虐待を受けていた人は、独裁支配による恐怖を経験しているので、過度に束縛を嫌います。このような幼少期のトラウマから、人との仲が深まると逃げ出したい衝動に駆られてしまいます。「自由でいたい」と常に思っています。

 

 

3.趣味に熱中する

 対人関係での激しい感情を避けようとするため、趣味に激しい感情を注ごうとします。そのため、趣味に過度にエネルギーを使います。熱しやすく冷めやすい性格なので、1つの趣味に没頭せず、多くの趣味を持っています。実際に回避依存症の人は、多趣味な人が多く、一人での楽しみ方を知っています。

 

 

4.浮気癖がある

 回避依存症の人は、浮気をする傾向があります。パートナーに束縛される恐怖、見捨てられる不安から相手と深い関係になると急に冷めてしまい、すぐ違う人に興味が移ってしまいます。恋人への依存度が低くて浮気癖がある人は、回避依存症に陥っている可能性が高いです。表面的には社交的で活発な印象を与えるので、モテる人が多いです。

 

 

5.実は寂しがり屋

 実は極度の寂しがり屋なので、親密になった人から捨てられることを恐れています。そのため、人間関係が親密になることを避けてしまうのです。自分から親しくしようとしないのに、寂しがるというけっこう面倒くさい性格です。例えば、付き合っている女性にいつも高圧的な態度をとっていたが、女性が別れを切り出したとたんに態度が急変し、「見捨てないで。」と相手から捨てられることを異常なほど嫌がります。

 

 

6.自分の素顔を見せない

自分の情報を教えると相手に優位に立たれてしまうと考えるので、自分のプライベートや本当の考えを周りに隠します。基本的に周りに同調するので、好感を持たれることが多いです。しかし、誰かに聞かれない限りは自分の話をすることはありません。逆に相手の情報を聞き出すために、多くの質問をして相手の話題で会話をすることを望みます。なかなか心を開いてくれません。回避依存症の人が自分の話をするようになったら、だいぶ信用している証拠です。

 

 

7. あらゆる手段で親密な関係を避ける

親密さを回避するために、様々な方法を使って親密になることを避けます。暴言を吐いたり、さげすんだりするので、相手を傷つけてしまうこともあります。また、急に敬語を使ったり、やたらと丁寧に接したりすることで距離を置こうとします。

 

 

 

 

 

【動物が大嫌い!】6つの理由とは?

あなたは動物が嫌いですか?

世の中には、動物を見ることや触れることに対して極端に嫌悪感を抱く、動物恐怖症の人が存在します。

 

 ・散歩中の犬を避ける

・動物に触れない

・犬がゲージに入っていても安心できない

・動物園に行きたくない

 

 などに当てはまるでしょうか?1つでも当てはまる人は、動物に少なからず苦手意識を感じています。好きな人から見れば「なんで動物が嫌いなの?」と全く理解できないと思います。しかし、実際に動物が嫌いという方は多いです。動物が嫌いになるのには、いくつかの理由があります。

そこで今回の記事は、人が動物を嫌いになる6つの理由をお伝えします。

 

 

1.幼少期のトラウマがある

 動物嫌いになるきっかけは、幼少期に体験した動物との記憶がトラウマになっている場合が多いです。トラウマを与える動物ランキング堂々の第一位は、「犬」です。多くの家庭でペットとして飼われている馴染みのある動物なので、犬は一番身近な動物です。それゆえに、「小学生の時に、追いかけ回されて噛まれた。」とか「大型犬にしつこく吠えられた。」などのトラウマエピソードを作り出してしまうのです。たしかに小さい子供からすれば、犬といえど敵意むき出しで吠えられたら怖いですよね。

 

 

2.動物慣れしていないから

 幼少期に犬やネコなどのペットのいる環境でなかったという人は、動物に苦手意識がある人が多いです。昔から動物に接する機会がなく、動物の扱い方が分からず嫌いというよりも苦手です。また、両親が動物嫌いだと、周りにいる人によって植えつけられた固定概念によって、自分も動物が嫌いになることもあります。このように、幼少期の環境も動物の好き嫌いに少なからず関係してきます。

 

 

3.行動が予測不能だから

動物は人間の言うことを聞かないし、自分の思い通りにならないから、嫌いだという人もいます。人間以外の動物は、予測不能な行動を突然するからです。いきなり飛びついてきたり、噛みついたりなどです。会話をすることができないので意思の疎通が難しく、今何を思っているのかどうしてほしいのか、何が嫌なのかが全然わかりません。動物は、嫌がると噛みついたり吠えたりします。こうなると手がつけられないため、恐怖を感じてしまいます。

 

 

4.ただ、気持ち悪い

当たり前なのですが、動物は外見が人間と全く異なるので、それが気持ち悪いと感じる人もいます。動物が気持ち悪いと感じる人は、想像力が強く、動物に強い感情移入してしまい、それが返ってキモさを増幅させてしまいます。例えば、ネコは普通に虫を食べます。それを見て、人間に置き換えて自分が虫を食べている想像をしてしまうため、嫌悪感を感じてしまうのです。

 

 

5.臭いがダメ

動物の独特な臭いが嫌で、嫌いになるケースもあります。動物にみられる臭いの主な原因は、微生物や汚れによるものです。とくに、動物園に行くと動物の糞尿や微生物の臭いで充満していて、さらに強烈な臭いを発しています。臭いに敏感で、どうしてもダメだという人は動物園に行くことをめちゃくちゃ嫌がります。

 

 

6.アレルギー

「動物アレルギー」というものがあります。ペットの抜け毛やフン、フケや唾液を吸い込むことによってアレルギー反応を起こし、鼻炎や皮膚炎、ぜんそくなどを引き起こしてしまいます。「そんなもん吸い込まないよ。」と思うかもしれませんが、ネコの唾液などは、蒸発して目に見えない空気中にも漂っています。つまり、動物と同じ空気を吸うだけでアレルギー反応を起こしてしまうのです。アレルギーが原因で動物嫌いになるという人も多いようです。

 

 

【行きづまったら一人旅!】一人旅の7つのメリット

 あなたは、一人旅をしたことがありますか?最近では一人旅が流行っていて、女性でもフラッと一人で旅行へ行くという人が増えています。一人で旅して何が楽しいの?と思う方もいるかと思います。しかし、一人旅は案外楽しいものですよ。

 そこで今回の記事では、一人旅の4つのメリットを紹介します。

 

 

1.何もかも自由

 一人旅では、人の都合に左右されずに、自分の意思だけで行動することができます。現地の観光スポットで情報を聞いて、予定を変更することもできます。グループ旅行になると、事前に決められた予定の通りに進めていく必要があるので、途中で疲れてしまっても他の人と合わせ行動する必要があります。「ここいいな。」と思っても自分だけ足を止めることはできないです。新たな発見があったとき、1人だととことん時間をかけて掘り下げることができます。その結果、今まで興味がなかったことに出会えるチャンスができます。自分が「こんなことにも興味が持てたんだな。」と新しい発見をすることができます。全ての計画・行動を自分で決める事ができます。一人旅のメリットは、この自由度の高さに集約されていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

2.気軽に行ける

 一人旅であれば時間と必要な荷物さえあれば、すぐに旅に出られるため、ちょっとした空き時間でも旅行に行けます。複数人で行く場合には、どうしてもそれぞれの予定や行きたい場所への要望が噛み合わず、計画を立てるのに時間がかかってしまいます。しかし、一人旅は全て自分の都合ですので、旅の計画から実行までが早いというメリットもあります。

 

 

3.人との出会いがある

 一人旅には、様々な出会いがあります。いろんな人の親切や悪意を通じて、危機感等々人間に対する見方が変わり、自分に大きな変化をもたらしてくれます。また、一人だと、新たな出会いが生まれやすいです。相手からしたら、数人でいる人よりも一人でいる人の方が話しかけやすいです。旅先では、気軽に話しかけてくれる人も多く、友達を作りやすいです。このように自然と会話が生まれ、日本中、世界中に友達ができます。旅先で彼氏彼女ができたという人も多いです。現地の人や同じ旅行者と仲良くなれるチャンスです。

 

 

4.非現実的な空気に浸れる

 日常生活を離れた、全く知らない土地では不安感が強まり、外部環境の変化にすぐに対応できるように、心身ともに反応可能な状態を維持しようとします。この状態でいると、感受性を高められ、情緒的反応が敏感になります。平素の生活環境から離れて、いろいろな物事に出会うことでしょう。それをどう生かすかは旅をする人自身の受け止め方です。

 

5.自立できるようになる

 見知らぬ土地で旅行するとなれば、旅の全てが自己責任ですので、自分がしっかりしなければなりません。宿泊先の予約や時間の管理やお金の使い方も自分次第ですので、一人旅だと自身の成長が望めます。

 

 

6.嫌な空気にならない

 旅行は、感受性が強まり、人間の本性が出やすくなります。グループ旅行の場合は、無理に旅のスケジュールを詰めこんだり、お互い本当に行きたい場所に行けなかったりもします。また、移動時間が長いと疲れが溜ってしまいます。そんな中で誰かのストレスが表に出てしまった時には、せっかくの楽しい雰囲気が台無しになってしまいます。旅先でのケンカほど嫌な空気になることはありません。ですが、一人旅ならこのような心配もありません。移動でストレスが溜まったら思う存分に発散することもできますし、一緒に旅行へ行く人へのイライラを感じることもないでしょう。


7.心がリフレッシュ

 一人旅では、自分と向き合う時間が増えます。普段仕事詰めの人は、なかなか自分と向き合う時間を持てていないかもしれません。人は、自分と向き合うことで新しい自分を発見したり、普段の生活を見直すことができ、日々の疲れや心配事から 心がリフレッシュされます。ストレスを抱えている人は、一人旅で自分を見つめ直してみてはどうでしょうか?

【なぜ?】イケメンなのにモテない人の7つの特徴

あなたの周りで、イケメンなのになぜかモテない人はいませんか?
何人か思いつくと思います。
イケメンは、顔で人格のハードルが勝手に上がってしまいます。第一印象で高評価を受けやすいので、性格や行動に難があるとその分の落差が大きく、モテないイケメンは普通の人よりもモテません。

そこで今回の記事では、イケメンなのにモテない人の特徴をご紹介します。


1.空気が全く読めない
空気が読めないイケメンは、女性からモテません。その場の雰囲気や状況を察することができず、周りと同調することが苦手な人のことです。気配りなどが皆無で、自分が空気が読めないということに気づいていません。
女性から見た空気が読めない男性の行動は、断っているのに無理に誘ってくる男や、面白みがなく冗談が通じない人だそうです。


2.女性が苦手
男子校出身の人に多い傾向があります。女性と話すとガチガチになってしまう人です。女性とまともに目を合わせられず、常に目が泳いでいます。過剰に異性を意識してしまいます。イケメンなので最初は周りに女性が集まってくるのに、うまく接すことができず、気づいたら自分の周りに誰もいなくなってたなんて、悲しい話ですね。

3.コミュ障
会話が苦手な人です。
多くの女性は、付き合う男性は「コミュ力は必須!」と答えています。
近年の女性の社会進出により、以前よりも働く女性が激増しました。そのため、女性は男性に疲れの癒しを求めます。自分の話を聞いてくれる男性を選ぶのです。ですので、パートナーの話を紳士に聞けるコミュ力の高い男性がモテる傾向が強まってきています。
いくらイケメンでも、コミュ障だと異性からモテない時代になりました。


4.自己中心的
イギリスの大学の研究によると、「身体的な魅力が高い男性は自分勝手で、利己的な行動をする人が多い」とのこと。自己中な人は、自分の欲を満たすのが最優先で、パートナーへの思いやりがゼロです。こんな人はモテるモテない以前の問題なのかもしれません。人としてどうなのかという部分が問われます。


5.自分大好きナルシスト
とにかく自分のことが大好きで、口を開けば自分の話しかしません。イケメンであるがゆえに、ナルシストになってしまうのでしょうが、その自意識過剰ぶりが仕草や言動にまで現れて、痛々しい感じになってしまいます。女性はそういう痛い人を見抜く能力に長けています。なので、ナルシストな男は女性から見れば一発でバレます。自分の話はほどほどにしましょうね。


6.話が絶望的につまらない
彼らイケメンは、幼い頃からチヤホヤされるヒーローという役割を担ってきました。なので、イケメンの話がどんなにつまらなくても、周りは愛想笑いをして、ヒーローのプライドを傷つけないようにということを自然に学びます。そして、それによって「自分には実力がある」と勘違いしてしまうという悲劇が起きます。なにか残酷な話です。話を面白くしようという努力がないまま大人になってしまうので、イケメンの話はつまらないということが多いです。


7.不潔
女性は、無意識に男性の不潔な部分をチェックする傾向があります。不潔な男性は、生理的に受け付けないという女性が大半です。いくらイケメンで、スタイルが良くても、髪がボサボサで体臭がキツく、歯が真っ黒だったらさすがに恋人候補には選ばれません。モテなくて当然です。不潔な自覚のある男性は、清潔感のある身なりを心がけましょう。

【猫背必見!】姿勢を良くする4つのメリット

あなたは姿勢が良いですか?

できる人は、常に背筋がすっきり伸びていて姿勢が良く体のメンテナンスにある程度の時間とコストをかけています。

今回の記事では、姿勢を良くする4つのメリットをご紹介します。

 

 

1.姿勢の良さが信頼につながる

 姿勢は、その人がどんな生き方をしているのか、どんな姿勢で仕事に取り組んでいるのかが透けて見えてきます。人が信頼を得る要素はいくつかあります。しぐさ、言葉遣い、そして姿勢。中でも姿勢は、その人の人柄を強烈に表現してしまうものです。普段の姿勢は、そのままその人の生き方を表しているといっても過言ではないです。姿勢を良くしているだけで、周りからの信頼を得ることができます。

 

 

2.姿勢の良さが集中力につながる


姿勢を良くすることで、深い呼吸が行えるようになります。深い呼吸ができることで酸素を多く取り込むことができ、集中力を増します。反対に、悪い姿勢、例えば猫背の状態では胸きょうが狭くなり、肺が広がりにくくなるので、呼吸が浅くなるのです。呼吸は唯一、身体から精神をコントロールする手段です。呼吸が深くなることで副交感神経に優位に働き、リラックスし、深い集中状態に入りやすくなります。つまり脳が集中しやすい状態になるのです。つまり、呼吸を深くし、結果、集中力を高めるのです。

 

 

3.パフォーマンスを最大化させる

猫背などの悪い姿勢の場合、うつむきがちになるので、視線はどうしても下に行ってしまいますし、左右に向ける角度も減少します、ところが良い姿勢でいると、立ったり、座ったり、歩いたり、どんな行動をとっても視野は広く保たれたままです。視野が狭いと1つのことにこだわりすぎたり、怒りやすくなったり、落ち込みやすくなったり、メンタルにも悪影響及ぼしますが、視野が広がれば常に冷静で良いられてアイデアも湧きやすいでしょうし、意外なヒントを見つけることもできます。つまり、精神的にも余裕を持てるようになります。良い姿勢は、身体的に合理的である事はもちろん、精神的な力をも最大限に引き出すのです。

 


4.体調が良くなる

姿勢が良くすることで、背骨が均衡の状態になり、内臓の調子が良くなります。内臓に姿勢が関係するのか?と思う方が多いと思います。実は深い関係があるのです。姿勢の崩れは、横隔膜の機能を低下させます。横隔膜は呼吸には欠かせない筋肉です。この筋肉が収縮することで胸足を広げ、排ガスタンクで空気を敷くことができます。姿勢が悪いと横隔膜の動きを制限してしまうので深い呼吸ができず、浅い呼吸になってしまいます。その結果、自律神経のバランスを崩すことにつながります。自律神経の調節がうまくいかないと、逆流性食道炎になります。それ以外にも胃下垂や便秘などの原因になる可能性があります。それだけではありません。背骨の中には脳から出ている神経の束である脊髄が通っています。脊椎は体の各部分枝分かれして内臓などに神経として届いています。悪い姿勢などによる猫背の変形等によって脊椎から枝分かれしている神経が圧迫され、連絡が悪くなることで手足のしびれ痛み、それに内臓の人につながることがあります。つまり姿勢の良い姿勢で普段の良い姿勢が、様々な不調の原因を遠ざける要素になるわけです。
ビジネスにおいても、どれだけ仕事ができ、信頼に値する人間であっても、健康を害してしまってはどうしようもありません。あなたも、毎日を健康に過ごすことの価値をよくお分かりのことと思います。普段の体調管理は、食事、運動、規則正しい生活などのいわゆる生活習慣が大切な事は言うまでもありません。それに加えて、実は普段の姿勢が大きくその習慣を構成することを、もっと多くの方に気づいていただきたいです。

【嘘の見抜き方】8つの嘘の特徴とは?

 あなたは嘘を見抜けますか?

人間は、嘘をつくのがとても上手な生き物です。人が1番嘘をつく相手は、自分のパートナー(夫、妻)だそうです。身近な相手だからこそ、隠したいこともあるのでしょう。そう考えると、もしかしたらあなたも親密な人に嘘をつかれているかもしれません。実は、心理学的な目で見れば、人の嘘は簡単に見抜くことができます。

そこで今回の記憶では、嘘の8つの特徴をお伝えします。

少しでも相手の言動が怪しいと感じたら、チェックしてみてください。

 

1.目から笑っている

 人間が本当に笑っているときは、口が最初に動き、それから目が笑うことで、笑顔が完成します。それが本来の感情の動きによる神経伝達です、しかし、作り笑顔の場合は、目が最初に笑います。作り笑顔で話している人は自分の感情と異なる笑顔を見せているので、嘘をついているかもしれません。

 

2.聞き返す

 嘘をついている人は「ん?」「なに?」と聞こえないふりをします。これは、嘘を考えるための時間稼ぎをしています。本当はバッチリ聞こえています。なので、何か質問をしてみて「ん?」と聞き返されたら、あえて少し黙ってみると「あー、〇〇だよ。」と普通に答えたりするので「聞こえてんじゃねーか。」となります。

 

3.急に声が高くなる

 嘘をつくと、後ろめたい気持ちから急に声のトーンが上がったり、ボソボソと声が小さくなることがあります。人の声が高くなるときは、相手に良く思われたいときです。低い声で話すと、自分の印象が悪くなり、嘘がバレてしまうという深層心理が働いています。明らかにいつもと違う声で話をしているときは、疑っていいです。

 

4.自分の首から上を触る

 嘘をつく人は、口を隠したり、鼻を触ったりします。首から上を触るのは、緊張をほぐそうとする心理がはたらいています。これは、嘘をつき通せるかという緊張からきています。

 

5.視線が右上を向く

 心理的に、人間が左上を向くときは過去の記憶を思い出すときで、逆に右上を向くときは未来を考えるときです。例えば、「昨日何してた?」と聞いた場合、普通なら過去の記憶を思い出すために視線は左上を向きます。そこで、右上を向いた場合、思い出そうせず、「何と言おうか」と嘘の内容を考えているということです。視線の動きは一瞬ですので、見逃さないようにしましょう。

 

6.まばたきが増える

 まばたきの回数は、緊張の度合いを表しています。まばたきが急に多くなる人は、隠し事をしている可能性が高いです。

 

7.話をそらそうとする

 嘘をついている緊張状態から解放されようと、話題を変えようとします。聞かれてもいないことを勝手に話し出したりします。「普段そんな話するか?」と感じたら怪しいです。

 

8.追求すると逆ギレ

 嘘をつくことで感じた罪悪感から自分の身を守るために、逆ギレすることもあります。怒りに身を任せて自分を正当化しようとするのです。普段怒らないような人が少し問い詰めただけで逆ギレしたら、完全に黒だと思っていいです。

 

 

おまけ。

 嘘の特徴をお伝えしたので、おまけとして3つのボロの出させ方をお教えします。

1.話題を変えない

 話題を変えられてしまうと、逃げられてしまいます。逃さないように、話題を戻しましょう。相手は嘘をつく時間が長ければ長いほど、会話の一貫性を失っていきます。

2,表情と動作をよく観察する
 前述のとおり、嘘は表情、動作によくあらわれるので、相手の、ちょっとしたしぐさもよく観察しましょう。

3.沈黙をつくる
 あえて沈黙を作ることで、相手に緊張感を与えることができます。間をあけながら相手の反応に注意して、話をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【休日は家に居たい!】インドアな人の5つの特徴とは?

あなたは、休日に外出をしますか?

最近では、インドア派という人たちが増えていて、仕事や予定以外では家で過ごすという人が増加しています。実際、「休日は家から一歩も出ない。」という人は結構多いです。アウトドア派で活発的な人には考えられないでしょう。では、インドア派の人はどのような人なのでしょうか?

今回の記事は、インドアな人の5つの特徴をお伝えします。

 

 

1.一人の時間が好き

なんでも一人でも楽しめる人で、孤独を感じないタイプです。このような人は、誰かと楽しみを共有しようと思いません。ですので、一人で楽しめる趣味をたくさん持っています。DVDや読書やインターネットなど、一人でいる時間を大切にしています。外出すると大抵誰かと出かける形になるので、余計な気を遣ってしまいます。人間関係では、色々と気を遣わなくてはいけないので、外出による人間関係に疲れてしまうという人もいます。

 

 

2.疲れたくない

外出、というのはどうも疲れます。買い物に行くにしても、ある程度長い時間を歩かなくてはいけないため、休みの日などは、なるべく家に居たいと思うようになります。車で運転するのも、疲れます。外出すると、目から入る紫外線が疲れを起こします。人が紫外線を浴びると、疲労の際に見られる物質が血中で増加します。一日中外で過ごしていたら紫外線浴び放題なので、 家に帰ってから、ドッと疲れがきて寝てしまうってこともありますよね。それが嫌で、休みの日くらいは疲れを感じたくない、という人は外出をしません。

 

 

3.お家大好き

外出が嫌だというよりは、自宅でいることが大好きだという人です。家では、自分の思い通りに好きなだけダラダラ過ごすことができます。テレビを観たりゲームをしたり、本を読んだり。また、好きな時に好きなだけ食事をすることもできます。家では夏の暑さも冬の寒さも吹き飛ばすエアコンがあるので、家にいる方が快適なのです。わざわざ快適な環境を手放してまで外に出たくないという人もいます。

 

 

4.潔癖症

 潔癖症の人も余計な外出を嫌がります。外出する度にシャワーを浴びて、着ていた服はすぐに洗濯するという人もいるそうです。潔癖症の人は、想像力が豊かで、少し外に出たり、一度服に袖を通しただけで汚いと感じてしまいますので、家の外の空気が汚いと思っています。なので、基本的に潔癖な人は外出をしたがりません。

 

 

5.外出恐怖症

インドアとは少し異なるのですが、一般的には「引きこもり」と言われている人たちのことです。外出する事に強い恐怖心を抱いていて、一人が好きというよりは、人と話すことが極端に苦手で、外出ができない人のことです。引きこもりの一番多い原因は、「学校や職場に馴染めなかったから」です。人間関係が上手くいかず、人と会うことが嫌になってしまっているます。また、うつ病などの精神疾患が原因の場合もあります。「外出したくない」ってよりも「外出できない」人です。

 

 

 

 

 

 

【なかなか続かない!】初心者が筋トレを継続させる5つの方法

 あなたは、筋トレしていますか?

最近では、筋トレをしている人が増えてきています。日本のトレーニングジムの数も年々増えていて、フィットネス文化がどんどん進行しています。しかし、一般的に筋トレはただただキツいだけで痛みに耐え続ける修行僧のようなイメージがあります。ですので、初心者はなかなか続きません。

そこで今回の記事では、初心者が挫折しないように筋トレを継続させる5つの方法をご紹介します。

 

 

1.お金をかける

初心者は、自宅で筋トレせずに、ジムに行きましょう。自宅でもトレーニングはできますが、お金が全く掛かりません。自宅トレーニングの最大のメリットですが、ジムの月会費がかかりません。しかし、それは同時にデメリットでもあります。お金が掛からない故にモチベーションを維持することが難しいです。自宅トレーニングでモチベーションが続く人は、すでに上級者で筋トレの楽しさ、重要性をよく理解している人です。とくに、筋トレ初心者の人ほど自宅や公園で筋トレのモチベーションを維持させることは困難です。ですので、筋トレ初心者の人ほどジムに通った方が良いです。ジムは、月会費が掛かるので、「お金を払っているんだから行こう」となります。

また、プロテインやアミノ酸などのサプリメントにもお金をかけると、より「やらなくては」という気持ちになると思います。初めのうちから筋トレの楽しさに気づける人はそうそういません。初心者のうちは、とりあえず継続することが何より大切ですので、「やらなきゃ」という意識で筋トレに挑戦することをオススメします。

 

 

2.楽しさを徐々に知っていく

徐々に筋トレの楽しさを知っていきましょう。

筋トレは、多くの人がキツいだけの印象を持っていますかが、筋トレにもたくさん楽しさはあります。

・重い重量が挙がるようになったときの楽しさ

・体に筋肉が付いていく楽しさ

・パンプアップの楽しさ

などです。ベンチプレスの重量やスクワットの重量が上がっていくと、やはり嬉しいものです。また、扱える重量が上がっていくにつれて筋肉もついてきますので、更にモチベーションが上がります。また、トレーニング中は、ドーパミンという快楽物質が脳内で分泌されます。

一度筋トレの楽しさに気付ければ、もはや止めることが難しくなるくらいにドップリとはまっていきます。実は、筋トレは続ければ続けるほど筋肉がつき、筋肉が増すにつれて楽しさも増していく仕組みになっています。もちろん最初のうちはキツいだけでしょうが、継続することで筋トレの楽しさが見えてきます。

 

 

3.目標の人を意識する

具体的な目標を設定しましょう。「10kg痩せる!」とか、「5kg増やしてデカくなる!」とかだとダメです。あなたは、10kg痩せたときの身体や、5kg増やしたときの自分の身体を想像できますか?ざっくりとしかできていないと思います。目標を決める際は、ある特定の人の身体を目標にしましょう。例えば、フィットネスモデルの人や、芸能人で良い体をしている人にします。そうすることで、ベンチプレス中に「あの人だったらあと3回は挙げられるよな。」と思うと、おのずとモチベーションが上がってきます。このように、自分が目標の人だと自己暗示をかけてトレーニングをするのも楽しいです。

 

 

4.全くやる気が出ない日は休む

ときには、全くやる気がおきない日もあると思います。そんな日は、無理してまでジムに行かずに、家でゆっくり休みましょう。適度に休むこともトレーニングの一つです。また、 休めば次にジムに行くときに休んだ分のモチベーションが高まった状態でトレーニングに臨むことができます。

 

 

5.とりあえずジムに行ってみる

ジムに行くか行かないかを迷っている時間は無駄なので、迷うヒマがあるならとりあえずジムに行ってみることをオススメします。休むことが必要と前述しましたが、とりあえずジムに行ってみるのも良いです。軽く筋トレをしているうちに、だんだんと身体が温まってきて、やる気に火がつくかもしれません。シャワーを浴びて帰路に着く頃には、必ず「今日はジムに来て良かったな。」と思えます。

【だまされないで!】他人に操られないための心構え

オレオレ詐欺、架空請求詐欺など、詐欺の種類は年々増えていて、巧妙化されています。日常生活でも、嘘をつく人はたくさんいます。プロの手にかかれば、素人をだますことなんて簡単です。プロの詐欺師は、ひとの心を操るのがとても上手いです。こんな悪人たちにだまされないためには、どうすれば良いのでしょうか?
そこで今回の記事では、他人に操られないための5つの心構えをお伝えしていきます。

1.気にせず断る

”人に良く思われたい”という望みを持っているうちは、永遠に苦しみから抜け出すことはできません。なぜなら、人は永遠に未熟な生き物だからです。(ユダヤの法則)
人は誰しも、他人から良く思われたいという気持ちがあります。なので、相手の気持ちを気にし過ぎる人は、要求を断ることができません。押しに弱いタイプです。しかし、あなたが断ったからといって後ろめたさを感じる必要はありません。人生の選択肢のほとんどは、断るべきことなんですから。特に興味のない事でしたら、バッサリ「NO」と言えるようになりましょう。

2.他者と違った行動をすることを恐れない

人が、自分の判断に自信がないから「ひとまず他人と合わせておけば安心だろう」という心情になるのはよくあることです。他人に合わせて同じ行動をすることを同調行動といいます。もちろん、他人に迷惑をかけないことは大切なのですが、常に他者と同じ行動をする必要はなく、他者と違う行動をすることに大きな恐れを感じる必要はないのです。しっかりと自分の意見や考え方にしたがって行動することも、重要なことです。自我を強く持っていれば、簡単にだまされるようなことはありません。

3.少しでも不明点があれば納得のいくまで説明を求める

よくある詐欺の手口として、矛盾点を指摘されないようにわざとこちらが理解できないような専門用語を使って説明してくる場合があります。専門用語を聞いていると、その相手のことを知識が豊富な専門家だと錯覚してしまいます。ですが、そこであいまいに納得せずに、わからないことはわからないと簡単な言葉で説明してもらいましょう。説明責任がありながら普通の人に明確な説明ができない人に対しては、「何か怪しいぞ」と疑いの目を向けたほうが良いです。あなたが分からないことが悪いのではなく、分かるように説明できない相手が悪いのです。

4.感情が乱れている状態で意思決定しない

悪質な宗教や詐欺の手口では、人の不安、恐怖心、優越感、仲間意識につけこんで、相手の感情をあおろうとしてきます。そして、その場で決断を迫るというのが特徴です。切迫感をあおりながら、売り付ける物の希少性を強調することで、実際よりも価値があるものに見せるという心理テクニックでもあります。一般的には、手に入りにくい物は価値があり、誰でも手に入れられる物は価値が低いと考えられています。しかし、ここで大切なことはその価値が必ず自分にとってメリットになるわけではないということです。あおられて感情が揺さぶられているときは、冷静な判断ができません。このようなときは、その場での意思決定を避ける必要があります。意思決定を相手の話術に委ねないことが、操られないための大切な心構えになります。冷静な判断ができる状態で、決断しましょう。
 

5.知識と分析力を身につける

その分野の専門知識があれば、ウソや欠点を見抜けるようになります。詐欺や犯罪に巻き込まれないためには、その分野の自分の知識を増やしましょう。そして、ウソをウソと見抜けるような分析力を磨きましょう。ある程度の知識と分析力を持ち合わせていれば、簡単に他人にだまされることはなくなります。

【頼もしい!】部下から好かれる上司の5つの特徴って何?

あなたは部下と良い人間関係を築けているでしょうか?職場の人間関係において、上司と部下というのは絶対的なイメージがあります。それ故に、部下から上司になかなか意見できないということもあります。それでは、良好な関係とは言えません。上司も部下もお互いに意見を出し合い、対等な立場で協力する必要があります。そのためには、好かれる上司にならなければいけません。 

そこで今回の記事では、部下から好かれる上司の5つの特徴を紹介していきます。

 

 

1.気さくに声を掛ける

仕事で分からないことがあっても、上司に相談しづらいときってありますよね?そもそも、部下にとって上司は声をかけにくい存在です。「どうやって声をかけていいか分からない...。」と悩む人は意外と多いようです。ですので、上司から気さくに声をかけることによって、部下と上手く打ち解けられ、好かれます。逆に、声をかけにくい上司は部下もなかなか近寄れないので、好かれません。部下に話しかけるのも上司の1つの仕事ですので、自分から積極的に声を掛けるように心がけましょう。

 

 

2.部下と肩を並べる

 仕事ができる上司には二種類のタイプがいます。一つは、自分が先頭を切ってグイグイ部下を引っ張っていくタイプの上司です。しかし、このようなタイプの上司だと、部下は自分のペースで仕事ができず、かえってストレスになってしまいます。もう一つのタイプは、部下と肩を並べて一緒に仕事をこなしていくタイプです。自分は仕事ができるという雰囲気は出さず、部下と一緒に考えて行動することで道を示してくれます。このタイプの上司の方が、部下は仕事をしやすいと感じますし、厚い信頼を寄せます。

 

 

3.信頼して仕事を任せる

仕事を任せます。仕事を与えられた方は、信頼されていると感じ、上司にも信頼を返そうと、一生懸命に働きます。任せた仕事をこなしてくれた部下には、しっかりと「ありがとう。」とお礼を述べましょう。些細な一言が、部下に好印象を与えます。仕事を任せるうえで大切なことは、仕事の難易度を適切に設定することです。できる上司は、部下一人ひとりの能力や経験を照らし合わせて、少し難しいくらいの仕事を任せ手厚くフォローしながら成長を見守ります。

 

 

4.心から褒めることで潜在能力を引き出す

褒めることで、部下のモチベーションを上げることができます。部下と仲良くなるためには、まずは心から褒めましょう。場の雰囲気も明るくなり、部下との話のきっかけにもなります。褒めることで得られるメリットは大きいです。部下の仕事ぶりを注意深く観察していれば、長所、短所が見つかると思います。短所を注意してなくさせるはなく、長所を褒めて徹底的に伸ばしましょう。あなたの一言で、部下の潜在能力が開花するかもしれません。

効果的な褒め方はこちらの記事↓

 

 

www.fitmental.net

 

5.自分よりも優秀な部下をつくる

一流の社長には、自分よりも優秀な部下がいます。自分よりも優れた人材を育成します。自分ができないことを、部下に求めるのです。管理職の人間は、自分のこと以外の仕事もしなくてはなりません。ときには、自分にはできない仕事を部下に任せる必要があります。全員が同じ能力を持った企業では、成長は望めません。ビジネスマンにとって、自分よりも優秀な部下を持つことが成功の法則であり、企業の成長にもなります。自分の持っているテクニックや知識は、出し惜しみせずに、全てを部下に与えましょう。部下をライバル視せずに、育てる姿勢が大切です。部下から「この人から得られることは多い。」と思わせることができれば、部下の方からあなたに寄り添ってくるようになります。

 

 

 

上司に好かれる部下の特徴はこちらの記事↓

www.fitmental.net

  

【ブチ切れ注意!】怒りを鎮める5つの方法

世の中、理不尽なことばかりですね。しかし、どんなに理不尽な事が起こっても感情に任せてブチ切れてはいけません。どんなに怒っていたとしても不機嫌にならずに、全く態度に出さないのが、大人の対応というものです。しかし、人間ですからどうしても怒りが爆発しそうになることもあると思います。そんな怒りはどうやって抑えれば良いのでしょうか?
そこで今回の記事では、怒りを鎮める5つの方法を紹介します。


1.思考停止

 怒ったときに、あえて頭の中を空っぽにしてリラックスした状態を取り戻すためのテクニックです。怒りを潜在意識に任せるイメージです。怒りや不安といったネガテイブな感情は、思考の後に発生するものです。ということは、思考をしなければ、怒りや不安は発生しません。このように、意識的に思考停止をしてネガテイブな思考を上手くコントロールすることで、怒りを鎮める事ができます。

ストレスが原因で発症するうつ病の薬の最大の目的は、思考停止です。思考停止することで、脳や身体を休めさせることができ、心の健康にも良いです。


2.マインドフルネス

 マインドフルネスとは「今ここだけに集中する方法」のことです。最新の脳科学で「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」などの効果が実証され、アメリカではグーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった大企業のほか、政府機関の研修でも取り入れられていて、マインドフルネスはいま世界的に大きな注目を集めています。
マインドフルネスのやり方は簡単で、深い呼吸をして、自分の呼吸に全ての意識を向けるだけです。姿勢を正すことで深い呼吸ができるので、姿勢を正して行いましょう。数分程でOKです。怒りや悩みの原因は全て過去の記憶や未来への不安ですので、マインドフルネスで現在のみに意識を置くことで、怒り、悩み、不安を解消することができます。

 

3.ツボ押し

 怒りを抑えるツボが2つあります。一つは、「神門」と言われるツボです。小指のライン上に位置する手首のツボです。もう一つが、「労宮」というツボです。手のひらの真ん中にあるツボです。親指で10回3セット位ゆっくり指圧すると良いです。どちらのツボも動悸が穏やかになり、ストレスや怒りに効果的なツボです。ツボ押しは、神経や内臓機能の回復効果があるので、免疫力アップにもなります。手のひらと手首のツボなので、自分でも簡単に押すことができます。怒りが収まらないようなときはツボ押しをオススメします。

 

4.食べる

 人は、ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが分泌され、食欲抑制ホルモンの「レプチン」が減少し、強い食欲を催すようになります。ストレスが溜まったときは、気がすむまでとにかく食べましょう。食べるという行為そのものが幸福感へと繋がっているので、食欲を満たすことで心も満たされます。満腹になればストレスがかなり軽減され、怒りなんてどうでもよくなっています。


5.鏡を見る

 怒りは常に主観的な感情から生まれるものです。なので、自分を客観視することで冷静さを取り戻せます。鏡は自分を客観視するための一番のアイテムです。鏡に映った怒り散らしている醜い自分の姿を見たとき、一気に怒りが冷めます。怒っていることがバカバカしくなってきます。

反対に、ブチギレている人にさりげなく鏡を見せることで、怒りをしずめることができるということを覚えておくと良いです。謝罪の場などで、相手が映るようにあらかじめ鏡を設置しておくことで、相手は穏やかな気持ちで話を聞いてくれます。ちょっとずるいですが効果的な心理テクニックです。